TICKET

MUSIC

Skaai

アメリカ合衆国・ヴァージニア州生まれ、大分県育ちのアーティスト。日本語・英語・韓国語が堪能なトリリンガル。幼少期から、日本のみならず韓国、マレーシア、シンガポール、カナダ、アメリカ合衆国での滞在経験を有す。2020年春、大学卒業から大学院入学までの時期がコロナの自粛期間となったことで、SoundCloud上での楽曲リリースを皮切りにラッパーとしての活動を開始。AbemaTV「ラップスタア誕生 2021」ではその実力とポテンシャルを見込まれ、審査員から高い評価を得た。2021年11月にリリースした1st Single『Period.』では、新鋭ビートメイカーuinと共に重層的にジャズとヒップホップの要素を取り入れ、新鮮なラップとソウルフルな歌唱力を世に知らしめる。2022年2月、『Period.』の続編となる2nd Single『Nectar.』をリリース、レッドブルのマイクリレー企画「RASEN」に出演しBose(スチャダラパー)、田我流、BIMとの共演を果たす。同年5月には、幕張メッセで初開催された国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』に出演した。同年9月にはBIMとDaichi Yamamotoが客演参加した自身初のEP『BEANIE』をリリースし、同年11月には、そのタイトルを冠したワンマンツアー「BEANIE TOUR 2022」を福岡、大阪、東京にて開催した。同年12月には、1年を通したアーティストとしての心情の変化を綴ったシングル「Mermaid」を盟友uinとのダブルネームでリリースした。2023年には、あらゆる「シーン」について意思表明する楽曲『SCENE! (feat. Bonbero)』をリリース。その後リリースしたシングル『WE’LLDIE THIS WAY』は本人の現在地を表した楽曲であり、今後表現されるであろう心情の変化にも注目が集まる。同年には、仙台、東京、大阪、福岡を巡るワンマンツアー「DEAD TOUR 2023」を開催する。

OFFICIAL YOUTUBE

荒谷翔大

福岡出身のシンガーソングライター。元yonawoのボーカル。
2024年より本格的にソロ活動を開始。

SANABAGUN.

ストリートにジャズのエッセンスを散りばめ、独自の個性とセンスを重んじて突き進む、平成生まれのヒップホップチーム。
Street inlaid with the essence of jazz, pushing forwards with a respect for original style and individuality, a Heisei-born hip-hop team.

OFFICIAL YOUTUBE

ZOMBIE-CHANG

メイリンのソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)
作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に「恋のバカンス E.P.」でデビュー。その後、1stアルバム『ZOMBIE-CHANGE』2017年 2ndアルバム『GANG!』をリリース。2018年に3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL ‘18への出演。初のツアーを国内3都市と、北京、上海、台北、香港のアジアツアーを行い、カナダのR&BシンガーThe Weekndが、自身で選曲したApple MusicのRadio Program "beats1"に「イジワルばかりしないで」を選曲、またインスタグラムの告知ティザーのBGMでも使用され大きな話題に。2019年にはフランスの音楽フェス“La Magnifique Society”に出演し、UKのレーベル“Toothpaste Records”よりVinyl『PETIT PETIT PETIT』をリリース。2020年には4thアルバム『TAKE ME AWAY FROM TOKYO』、2022年に約2年ぶりとなる仏アーティストAgar Agarとのコラボ楽曲なども収録された最新作 5thアルバム『STRESS de STRESS』をリリース。22年11月にはフランス4都市を周るライブツアーも決行し盛況に終える。23年には仏アーティストAgar Agarと再びコラボシングルをリリース。24年1月に3rd album収録の“愛のせいで”を再構築した最新シングル「AINOSEIDE2024」を発表。映画やテレビ番組、CM、アパレルブランドにも楽曲提供を行い、アートワーク、MVのプロデュース、グッズ制作まで全てを手掛ける。音楽プロジェクト以外にも、モデル、俳優業などでも活動。ジャンルに捉われないオリジナルティ溢れる音楽性と、 独自の世界観を放つライブ・パフォーマンスは中毒性が高い。

OFFICIAL YOUTUBE

イルカポリス海豚刑警(from 台北)

2017年結成、台北で活動するパンクでポップなインディーロックバンド。
バンド名は「こち亀のドルフィン刑事」から。
現在まで2枚のアルバムを発表。その勢いは止まるところを知らず、今後台湾のインディーシーンを牽引するであろう最注目バンドの一つ。

OFFICIAL YOUTUBE

FOLK9(from Thailand)

バンコクを拠点に活動するインディポップ・バンド、FOLK9。
物憂げながらもキャッチーなギターリフとメロディのリフレインが世界中のインディポップファンを虜にしている。今までに2枚のアルバムを発表、今年は待望のニューアルバムをリリース予定。

OFFICIAL YOUTUBE

踊ってばかりの国

うたと3本のギター、ベース、ドラムで構成された東京で活動する5人組のサイケデリックロック ンロールバンド。 幾度かのメンバーチェンジを挟みながらこれまでに8枚のフルアルバム、3枚のミニアルバムをリ リースし、FUJI ROCKなどの大型フェスにも出演。

音楽に愛されてしまった5人が奏でる爆音でかつ繊細な楽曲は、古い米国の田舎町や英国の路地裏、 日本の四季の美しさをも想起させ、眩しいほどの光で聴くものを包み込む、正しくアップデート されたロックンロールの形。
2018年より「大和言葉」という対バン形式の自主企画もスタートさせ、活動10年を超えた現在、 最も理想郷に近い形で活動中。

OFFICIAL YOUTUBE

君島大空 トリオ

1995年東京都青梅市生まれ。ソングライター/ギタリスト。
2019年 午後の反射光ep を発表後から本格的にソロ活動を開始。
2023年には1stアルバム、2ndアルバムと2枚のフルアルバムを発表。

君島大空 トリオ
君島大空 / Vocal&Electric Guitar
藤本ひかり / Electric Bass
角崎夏彦 / Drums

OFFICIAL YOUTUBE

OKI REKPO

Dub Ainu Band のOKI とMarewrewのRekpoがタッグを組んだ最強のデュオ。結成の2022年に行ったロンドンCafe Otoのライブアルバム”Oki live at Cafe Oto”はband campの年間ベスト フォーク アルバムに選ばれた。

OFFICIAL YOUTUBE

児玉奈央

2009年ソロ活動を開始、1st Album『MAKER』 、2010年2nd Album『SPARK』をリリース。2019年4月セルフプロデュースによる9年振りのアルバム『IN YOUR BOX』をリリース、ツアーを開催。同年12月Nao Kodama × Kan Sano名義でシングル「瀬戸際のマーマレード」を配信リリース、限定7inchでアナログ化。2020年8月Nao Kodama × Kan Sanoとしてのシングル第2弾「コーヒー・シェイク」を配信&7inchアナログで発売。同年12月初の弾き語りアルバム『Revelation(レベレーション)』をCD/配信でリリース&12inchアナログ化。2022年7月より全国ロードショー公開中のドキュメンタリー映画「ゆめパのじかん」の音楽とナレーションを担当。人の心にまっすぐ届く、印象的なその唄声に魅了されるファンが多い。

OFFICIAL YOUTUBE

THA BLUE HERB

ラッパー: ILL-BOSSTINO、トラックメイカー: O.N.O、ライブDJ: DJ DYEの3人からなる一個小隊。1997年札幌で結成。以後も札幌を拠点に自ら運営するレーベルからリリースを重ねてきた。
HIPHOPの精神性を堅持しながらも多種多様な音楽の要素を取り入れ、同時にあらゆるジャンルのアーティストと交流を持つ。巨大フェスから真夜中のクラブまで、47都道府県津々浦々に渡り繰り広げているライブでは、1MC1DJの極限に挑む音と言葉のぶつかり合いから発する情熱が、各地の音楽好きを解放している。

OFFICIAL YOUTUBE

eastern youth

1988年
札幌にて、吉野寿、田森篤哉、三橋徹により結成
1991年
バンド上京に伴い三橋脱退。
1992年
二宮友和加入。
2015年
二宮脱退。
2015年
村岡ゆか加入。

何がなにやら暗中模索で今日も迷走中。

吉野 寿:エレキギター、ボイス
村岡ゆか:ベースギター
田森篤哉:ドラムス

OFFICIAL YOUTUBE

fOUL

94年6月結成。“思い通りには運ばない人生”をなぞらえ、当初考えていた“dead ball”が“foul ball”となり、アメリカのバンドMinutemenのメンバーが新たに始めたバンドfIREHOSEの表記に倣い“fOUL”となった。
Less Than TVからデビュー作『foul ball for foul men』を翌年3月に発表。97年にはbloodthirsty butchersとお互いのカヴァーを含むスプリット・アルバムをリリース。99年にはプロデューサーにジョー・チカレリを迎えてサンフランシスコで録音した「煉獄のなかで」をリリース。続くベルウッド/キングレコードから「Husserliana」「アシスタント」もチカレリのプロデュースでそれぞれバンクーバーとロサンゼルスでレコーディング。2005年3月21日の「砂上の楼閣34」で休憩を表明。2022年に再始動を発表。

OFFICIAL YOUTUBE

HUSKING BEE

磯部正文 / Vo, Gt
平林一哉 / Gt, Vo
工藤哲也 / Ba

94年結成。磯部正文、工藤哲也、平本レオナの3人編成で活動。
00年平林一哉が加入し4人編成で活動を続けるが、05年惜しまれながらも解散
12年Devilock Nightで7年振りHUSKING BEE再結成を果たす。その後メンバーの入れ替わりがあるも活動中
16年 BACK DROP BOMBとSPILIT CDリリース・合同ツアー開催
18年 結成25周年を迎え2枚組ベスト盤・新譜リリース
20年 10th AL「eye」リリース。コロナ渦でツアー中止を余儀なくされるも年を超え全国ツアー完遂
22年「the steady-state theory」リリース20th記念再現ライブツアー開催
23年「PUT ON FRESH PAINT」リリース25th記念全曲披露ツアー開催
24年 結成30周年を迎える

OFFICIAL YOUTUBE

前野健太

シンガーソングライター。
1979年2月6日生まれ、埼玉県入間市出身。2007年『ロマンスカー』によりデビュー。ライヴ活動を精力的に行い、「FUJI ROCK FESTIVAL」「SUMMER SONIC」など音楽フェスへの出演を重ねる。俳優活動においては、主演映画『ライブテープ』が第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」作品賞を受賞。NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』他、TVドラマ、CM、映画、舞台に出演。エッセイ集『百年後』を刊行するなど、文筆活動にもファンが多く、他アーティストへの楽曲・歌詞提供も行う。最新作は2022年『ワイチャイ』。

OFFICIAL YOUTUBE

maya ongaku

2021年、江ノ島の海辺の集落から生まれた園田努、高野諒大、池田抄英による3人組バンドmaya ongaku。
魂のルーツを超えたアーシーなサイケデリアを奏でる地元ミュージシャンの有象無象の集合体。
その名の由来は、古代文明からではなく、視野の外にある想像上の景色を意味する新造語。
「自然発生」と表現する、非生物から生物が生まれるとされる現象の集大成が<maya ongaku>の原点である。
5月26日に1st album『Approach to Anima』をGuruguru BrainとBayon Productionよりリリースし
11月にEU/UK TOUR、12月に国内TOURを行う。

OFFICIAL YOUTUBE

TURTLE ISLAND

1999年20世紀末 豊田市にて結成。今年で活動25周年を迎える。
幾多のメンバーチェンジを繰り返し、現在10人編成。
日本のお囃子やチンドン等、日本やアジアのモンゴロイドのGROOVEと、パンクやロック、レゲエサウンドから民謡、各国土着音楽まで勝手雑多に飲み込んだ極東八百万サウンドを奏でる、東洋産パンクオーケストラ。日本、アジア近辺の土着ズンドコビートと独自の世界観や節回しを磨きつつ自分たちのルーツ、遺伝子、細胞、魂の踊る音楽を模索追及しながら国内外で活動中。

橋の下世界音楽祭 主宰。

OFFICIAL YOUTUBE

TICKET

最速先行&先得チケット
即日SOLD OUTにつき
大好評にお応えして、
通常一般価格よりもお得な

数量 & 期間限定

早割チケット発売中!!

今年はJR小淵沢駅~会場間の
シャトルバスも運行予定!

  • ※販売期間:3月8日(金)23:59まで
  • ※予定枚数に達し次第販売終了
  • ※一般チケットは3月中旬発売開始予定
キャンプ用品が会場で受け取り可能!hinataレンタル

2日通し入場券 場内駐車券 セット

  • 2 名セット (2日通し入場券 × 2 / 場内駐車券(1台分)) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥31,000 一般価格¥35,000
  • 3 名セット (2日通し入場券 × 3 / 場内駐車券(1台分)) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥44,500 一般価格¥50,000
  • 4 名セット (2日通し入場券 × 4 / 場内駐車券(1台分)) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥58,000 一般価格¥65,000
  • ※キャンプ券は含まれていません。キャンプ泊を希望の方は人数分の別途キャンプ券をご購入ください。
  • ※1名セットはありません。1名にてお車で参加の方は2日通し入場券と場外駐車券をご購入ください。
  • ※車1台に5名様以上でお越しの方は、追加人数分の「2日通し入場券」を下部の単券ページよりご購入ください。
  • 場内駐車場をご希望の方はこちらのセット券をご購入ください。

2日通し入場券 常設テント券(専用駐車場付き) キャンプ券 セット

  • 2 名セット (2日通し入場券 × 2 / 常設テント1張り / 専用駐車場(1台分) / キャンプ券 × 2) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥41,000 一般価格¥48,000
  • 3 名セット (2日通し入場券 × 3 / 常設テント1張り / 専用駐車場(1台分) / キャンプ券 × 3) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥56,500 一般価格¥66,000
  • 4 名セット (2日通し入場券 × 4 / 常設テント1張り / 専用駐車場(1台分) / キャンプ券 × 4) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥72,000 一般価格¥84,000
  • ※キャンプ券は含まれていますので、別途ご購入は不要です。
  • ※1名セットはありません。
  • ※常設テントセット内容:4人用テント1張り・テント用マット
  • ※利用定員:子供含む5名まで。1サイトにつき子供を含む6人以上でのご利用はできません。
  • ※7m×7mの区画をご用意しております。区画内であれば、お持ち込みのタープ等の設営も可能ですが宿泊用テントの追加設営はできません。
  • ※セット内容以外の寝袋やチェア、テーブル、ランタン等のご用意はございませんのでご持参ください。
  • ※常設テントサイト内では焚き火はできません。隣接した焚き火エリアをご利用ください。
  • ※常設テントサイトから会場への移動は徒歩となります。自家用車での行き来はできません。
  • ※チェックイン可能時間は6月8日(土)の9時〜20時となりますので時間内にお越しください。

2日通し入場券 オートサイト券 キャンプ券 セット

  • 2 名セット (2日通し入場券 × 2 / オートサイト1区画(車1台まで) / キャンプ券 × 2) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥36,000 一般価格¥42,000
  • 3 名セット (2日通し入場券 × 3 / オートサイト1区画(車1台まで) / キャンプ券 × 3) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥51,500 一般価格¥60,000
  • 4 名セット (2日通し入場券 × 4 / オートサイト1区画(車1台まで) / キャンプ券 × 4) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥67,000 一般価格¥78,000
  • ※オートサイトは、会場内のクロスカントリーコースに車両を乗り入れ、車の近くでキャンプができる自然の森の中のキャンプサイトです。とくに区画はありませんが、駐車位置をこちらで指定させていただきます。
  • ※キャンプ券は含まれていますので、別途ご購入は不要です。
  • ※1名セットはありません。
  • ※1サイトにつき大人5人以上でのご利用はできません。
  • ※オートサイトから会場への移動は徒歩となります。自家用車での行き来はできません。
  • ※オートサイトに入庫後、車両の出し入れはできません。(緊急時除く)
  • ※チェックイン可能時間は6月8日(土)の9時〜20時となりますので時間内にお越しください。
  • 2日通し入場券 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥13,500 一般価格¥15,000
  • ※近隣の宿泊施設や別荘にお泊まりの方は、会場まで徒歩、もしくはタクシーなどの送迎でお越しください。
  • ※JR中央本線小淵沢駅~会場間はシャトルバスが往復運行しております。電車でお越しの方は、シャトルバス、またはタクシーをご利用ください(※シャトルバスの運行時間や利用料金等は後日発表いたします。)
  • ※車でお越しの際の駐車場は『場外駐車場』となりますので、別途、場外駐車券を購入してください。
  • 場内駐車場をご希望の方は、先述の『2日通し入場券+場内駐車券セット』をご購入ください。
  • キャンプ券 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥2,000 一般価格¥3,000
  • ※場内でキャンプする高校生以上の方の人数分ご購入ください。(※常設セット券、オートサイトセット券対象者は除く)
  • 場外駐車券 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥3,000 一般価格¥4,000
  • 場外駐車場の場所や詳細は後日発表いたします。
  • 場外駐車場〜会場間は無料シャトルバスの往復運行を予定しております。
  • ※シャトルバスには、大きな荷物や大量の荷物は積めませんのでご注意ください。
  • ※『場外駐車場』をご利用で、会場内でキャンプをされる方など、荷物の多い方は【場外駐車券購入者専用荷下ろし場】を会場付近にご用意します。場所や利用可能時間などの詳細は、後日ホームページでご確認ください。
  • 場内駐車場をご希望の方は、先述の『2日通し入場券+場内駐車券セット』をご購入ください。

!ご注意ください!

  • 中学生以下は保護者同伴に限り入場無料です。
  • 6月8日(土)・9日(日)各日の1日入場券及び、オフィシャルバスツアーは3月中旬の一般発売より販売開始いたします。
  • バイクや自転車でお越しの方は駐車券の購入は不要です。無料の専用駐輪場をご利用いただけます。
  • 場内でキャンプする高校生以上の方は必ず、『キャンプ券』付きのセット券または、『キャンプ券』単券を人数分ご購入ください。
  • 場内駐車券のみの販売はございません。
  • 場外駐車場』及び『場外駐車券購入者専用荷下ろし場」の詳細は後日、発表いたします。

ACCESS

富士見高原リゾート

長野県諏訪郡富士見町境12067

八ヶ岳と赤石山脈(南アルプス)北端の入笠山に挟まれた山梨県との県境。通年を通しての晴天率は87%を誇る爽やかな土地で都心や名古屋から車、電車共にアクセスが良く気軽にいける距離感が魅力。

車の場合
東京から[約128分]
高井戸I.C. ー(中央自動車道)ー 小淵沢I.C. ー 富士見高原リゾート
名古屋から[約150分]
小牧JCT ー(中央自動車道)ー 諏訪南I.C. ー 富士見高原リゾート
静岡から[約150分]
新清水JCT ー(中部横断自動車道)ー双葉 JCT
ー(中央自動車道)ー 小淵沢I.C. ー 富士見高原リゾート
電車の場合
東京から[約130分]
新宿駅 ー(JR中央本線)ー 小淵沢駅 ー 富士見高原リゾート
名古屋から[約155分]
名古屋駅 ー (JR中央本線) ー 塩尻駅 ー (JR中央本線) ー 富士見駅 ー
富士見高原リゾート

※JR小淵沢駅~会場間は有料シャトルバスの往復運行を予定しております。
時刻表や乗降場所などの詳細は後日発表いたします。

協賛

Local Partner

後援

主催 / 企画 / 制作